1日、新天皇陛下とともに、雅子さまも新皇后として皇居での即位の儀式に臨んだ。テレビや報道を通じ、晴れやかな様子を目にした友人らは今後の活動に期待を寄せた。

 福島県出身で、同志社大研究補助員の釣巻(つりまき)洋子さん(22)はテレビを通じ、ティアラとローブ・デコルテを身につけて儀式に臨む皇后さまに見入った。「皇太子妃の時にお会いした際、感じた優しさはそのままに、更に気品が増した印象を受けます」と話した。

 皇后さまと知り合ったのは、一通の手紙を送ったことがきっかけだ。

 震災発生から約2年後の201…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く