[PR]

 「穏やかに」「健やかに」――。1日、北九州市内でも令和元年の初日に合わせて催しがあった。参加した人々は新時代に向け、様々な願いを込めていた。

 「令和、かんぱーい」。午前0時を迎えると同時に、アミュプラザ小倉の飲食店街「小倉宿 駅から三十歩横丁」に歓声が響いた。新時代の始まりを祝おうと、営業時間を普段より1時間遅い午前1時まで延長してカウントダウンの催しが開かれた。

 15秒前から秒読みを始め、0と同時にたる酒を鏡開き。客席のあちこちで乾杯が交わされ、店内は祝賀ムードに包まれた。小中高の同級生2人と訪れた門司区の会社員、石原愛さん(27)は「様々な国同士が親密になり、もっと平和な時代になれば」と、令和への期待を述べた。

 北九州市役所(小倉北区)では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら