全面禁輸「第2の核危機」直面も 米シンクタンクに聞く

有料記事

聞き手・渡辺丘
[PR]

米シンクタンク「アトランティック・カウンシル」 バーバラ・スレイビン氏

 米国がイラン産原油の全面禁輸に踏み切ったことは、圧力のための圧力でしかなく、イランへの敵意を除いて真の戦略がない。

 イランは核合意から離脱するといった脅しをかけている。核不拡散条約NPT)にとどまってきたが、今後はどうなるか。我々は北朝鮮だけでなく、イランという「第2の核危機」に直面する可能性もある。

 中東で新たな衝突が起きる可…

この記事は有料記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません