[PR]

 2日午前10時5分ごろ、ローマから成田空港に向かっていたアリタリア航空784便(ボーイング777型、乗客乗員256人)が乱気流に巻き込まれた。国土交通省成田空港事務所や警察などによると、機体が揺れ、客室乗務員3人が頭を切るなどのけがをした。いずれも軽傷とみられる。

 当時は着陸に向けて降下中で、シートベルトの着用サインが点灯しており、乗客にけがはなかった。同機は午前10時25分ごろ、成田空港に着陸した。