[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・食べる「武田双雲と胆石」

 書道家の武田双雲(たけだそううん)さん(43)は8年前、おなかに激しい痛みを覚え、急性胆管炎で入院しました。胆のうにできた胆石がこぼれ出て、胆管を詰まらせたのが原因です。「食事を改善して、自力で病気を治せないか」。持ち前のポジティブ思考で、武田さんがそんな挑戦をしたところ、大変なことに……。

忙しい日々、腹部に激痛

 突然、腹部から背中にかけて激痛が走った。今までに感じたことのない痛みだった。2011年8月1日夜、書道家の武田双雲さん(43)は、アトリエがある神奈川県藤沢市の病院に駆け込んだ。

 奔放な作風で知られる武田さんは、東京理科大で情報科学を学び、NTTに就職した異色の経歴をもつ。「同僚の名前を筆で書いてあげたら、とても喜ばれた」のをきっかけに、サラリーマン生活に2年で見切りをつけた。書道家として独立したのは、00年のことだった。

 街頭ミュージシャンのような路上での書道パフォーマンスで注目され、書道教室の生徒が増えた。イベントや講演会の依頼も舞い込んだ。09年にはNHKの大河ドラマ「天地人」の題字を担当するなど、仕事が増えた。書籍も次々と出版した。

 忙しさに追われると、運動不足になった。「NTT時代のほうが、よっぽど体を動かしていた」。休み時間に同僚とテニスをしたり、住んでいた寮から駅までのバス路線を30分かけて歩いたりしていたのに、独立後はアトリエにこもりがちになった。

 「それでもしっかり食べるから、10年かけて順調に太ってきた感じ」。就職したころのすらりとした細身が、体重90キロ超に変わっていた。

 激痛が走った11年8月1日は、「ようやく取れた長期休暇の初日」だった。思い返せば、1週間ほど前にも予兆はあった。タレントの伊集院光(いじゅういんひかる)さん(51)と街を歩くテレビ番組の収録があり、前泊したホテルでも腹痛に襲われていた。「これは大変だ」と慌てたが、我慢するうちに痛みはおさまり、翌日のロケをこなした。

 武田さんは伊集院さんに笑って話した。「痛かったんですよ、何だったんでしょうね?」。検査を受けるように助言されたが、ついそのままにしていた。

 病院では、痛みの激しさから思わず「わーっ」と絶叫した。強力な鎮痛剤を注射され、気を失った。車いすに乗り、3日間の精密検査を受けた。胃カメラをのみ、CTやエコーで調べた。ところが、原因は分からなかった。

■胆管炎と判明、石3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら