[PR]

 大阪府寝屋川市で、バイクに乗った女性が道路に張られたロープに引っかかって転倒し重傷を負った事件で、府警は2日、ともに私立高校2年で16歳の男子生徒2人=同市=を殺人未遂と往来妨害の疑いで逮捕し、発表した。1人は「転んだ人を見て、楽しもうと思った」と供述し、殺意については2人とも否認しているという。

 捜査1課によると、2人の逮捕容疑は4月29日午前2時20分ごろ、同市成田南町の幅約7メートルの市道にナイロン製のロープを張り、バイクで通りかかった新聞配達員の女性(77)を転倒させて、足を骨折するなどの重傷を負わせたというもの。2人はロープを張った数分後に、転倒する女性を現場で見ていた。付近の防犯カメラの映像などから2人が浮上した。2人は府警に「ニュースになるほど大事になるとは思いませんでした」と話しているという。