[PR]

 米国防総省は2日、中国の軍事力を分析した年次報告書を公表した。中国が台湾に外交的、軍事的に圧力をかけ続けていることに強い懸念を示し、「中国軍は台湾支援の第三国を排除し、武力によって台湾を中国本土に統一するための有事に備えている可能性がある」と分析した。

 報告書では、中国が台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権に圧力を加えるため、2018年にドミニカ共和国、ブルキナファソ、エルサルバドルに台湾と断交させる代わりに、中国と国交を結ばせたと指摘。一方で、中国が台湾周辺で空軍や海軍による軍事演習を増やしていると警戒感を示した。

 報告書ではまた、中国がジブチ以外の海外基地を増やそうとしている点を指摘。中国が世界各地で進めている巨大経済圏構想「一帯一路」プロジェクトの安全保障を理由に、海外での軍事基地強化を進める可能性にも言及した。(ワシントン=園田耕司)