[PR]

 高島市の日吉神社の祭礼「大溝祭」が3日、城下町のたたずまいが残る勝野地区で始まった。この日夕方に始まった宵宮祭には、5基の曳山が市営駐車場に集合した。ちょうちんにあかりをともし、道の曲がり角で辻回しを披露しながら夜遅くまで町内を巡行した。

 大溝祭は1619年に大溝藩に入封した分部光信が前任地の伊勢上野(現三重県)の曳山(ひきやま)祭りを移して始まったとされる。地元では今年「400周年」と銘打ち、4日のクライマックスに5基の曳山が来年の再開を期して解散する「五車別れ」を初めて披露する。

 4日の本祭は午前9時に旧大溝陣屋の総門前に曳山が集合し、日吉神社や町内を回る。午後3時半、高島市営駐車場に5基が放射状に並び、鏡開きともちまきをして400周年を盛り上げる。(松浦和夫)