[PR]

 知夫里島(島根県知夫村)産のイワガキを生産現場の間近で提供するカキ小屋「姫宮」が4月末、島内の薄毛地区にオープンした。

 観光客が島内でイワガキを味わえるのが宿泊施設に限られていたことから、「もっと気軽に、心ゆくまで食べてもらえる場所を常設したい」と、イワガキ生産などを手がける古谷水産の古谷光教(みつのり)社長(43)が家族らと立ち上げた。

 同社のイワガキが揚がる姫ノ浦港のすぐそばでカキをセルフサービスで焼いたり、生で味わったりしてもらう。通年営業も目指して新式の冷凍設備も入れた。古谷社長は「島の新たな名所になれば。生産量の増大や雇用の拡大にもつなげたい」と意気込む。

 5個セット3千円から。営業は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース