[PR]

 「由比桜えびまつり」の中止を受け、サクラエビだけではない由比の魅力を発信しようと地元の有志が3日、「由比いいもんまつり」を開いた。静岡市清水区のJAしみず由比支店駐車場などに計11ブースが並び、甘夏や野菜、干物や地酒などの名産品を求める人でにぎわった。

 由比漁港では毎年5月3日に桜えびまつりが開かれ、県内外から数万人が訪れる。しかし、今年は不漁でエビが確保できず、3月に中止が決定。「このままでは由比の町がますます寂しくなってしまう」と和食店店主の渡辺一正さん(57)が呼びかけ、呼応した静岡市清水商工会由比支所の役員10人が実行委員会を立ち上げた。

 実行委員長に就いた渡辺さんは「サクラエビ以外にも由比には『いいもん』がたくさんあると内外にアピールし、町の元気を取り戻せれば」と語った。(佐々木凌)