[PR]

カイシャで生きる 第26話

 寝耳に水の話だった。

 1997年11月24日。四大証券の一角を担っていた山一証券は、巨額の簿外債務が発覚し、経営破綻(はたん)に追い込まれた。

 千葉支店の副支店長だった永野修身さん(60)は当時39歳。部下たちと一緒にテレビを見ると、画面の中に自分たちの社長がいた。泣いていた。

 「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから!」

組織の歯車として一日一日を懸命に生きる。ときに理不尽な人事や処遇に苦しんだり、組織と決別して新しい人生を歩むことを考えたり。さまざまな境遇や葛藤を経験しつつ、前に進もうとする人々の物語を紡ぎます。

 記者会見した当時の野沢正平社長(81)は顔をくしゃくしゃにしながら社員をかばった。

 永野さんの子どもはまだ小学生で、住宅ローンも残っていた。当時の千葉支店の業績は好調で、黒字だった。なぜこんなことに? これからどうなってしまうのか?

ハゲタカ

 翌朝、支店の2階の窓から外を見た。

 山一証券に預けた資産の解約を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら