[PR]

 安倍晋三首相は憲法記念日の3日、憲法改正を求める集会にビデオメッセージを寄せ、「憲法にしっかりと『自衛隊』と明記し、違憲論争に終止符を打つ」と述べて9条改正に改めて意欲を示した。2020年の改正憲法施行をめざす気持ちは変わらないとも強調したが、国会での議論は与野党対立の影響で停滞している。

 自民党は昨年、首相の意向に沿った「改憲4項目」をまとめ、国会への提示をめざす。首相は3日のメッセージで、自衛隊の根拠規定を明記する9条改正について「先頭に立って責任を果たしていく決意だ」と述べた。17年の同集会に寄せたメッセージで示した20年の改正憲法施行にも触れ、「今もその気持ちに変わりはない」とした。

 一方、与野党の憲法担当者らが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら