【動画】改憲派団体による「公開憲法フォーラム」で上映された安倍首相のビデオメッセージ(抜粋)=民間憲法臨調/憲法国民の会提供
[PR]

 憲法記念日の3日、改憲派の集会が各地であった。東京・平河町で開かれた改憲団体「日本会議」系の「公開憲法フォーラム」では、安倍晋三首相がビデオメッセージで改めて「2020年の新憲法施行」への意欲を表明。令和への改元を機に、改憲議論を進めるべきだと訴えた。

 安倍首相は、同集会における2年前のメッセージで、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べたことについて、「今もその気持ちに変わりはありません」と言及。9条への自衛隊明記も「違憲論争に終止符を打つ。私は先頭に立って責任をしっかりと果たしていく」と語り、改憲の先導役を担う考えを示した。

 超党派で新憲法の制定をめざす議員同盟会長の中曽根康弘元首相もメッセージを寄せ、「現行憲法の果たした役割を評価しつつ、真に国民の手による国民のための憲法を制定するときに至っている」として、早期の改憲を訴えた。

 同集会には、改憲に賛同する与野党の責任者が参加。自民党の下村博文・憲法改正推進本部長は「一度も憲法改正、修正できなかった時代を脱却しよう」と、改憲議論の必要性を強調。公明党の遠山清彦衆院議員は「公明党の基本的姿勢は加憲。この立場から積極的に憲法議論に参加していく」と語った。

 集会を開いた「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の桜井よしこ共同代表は、「新しい未来を構築していくため、何としても憲法改正を発議していただきたい」と呼びかけ、国会における憲法審査会での議論の進展を求めた。

 また都内では別の改憲派の集会も開かれ、憲法9条を中心に早期の改正が必要などと主張した。