[PR]

 秋田市中通2丁目の市立千秋美術館で、19世紀後半から現代に至るデンマーク製の家具などを展示した企画展「デンマーク・デザイン」が開かれている。6月9日まで。

 同美術館の開館30周年などを記念して開催された。シンプルだが機能的なデザインの椅子や食器、自転車など計約200点が、時代を追って展示されている。

 観覧者はハンス・ウェグナー氏がデザインした5脚の椅子に座ることも出来る。3日に家族と訪れた横手市の細井江子さん(78)は「背もたれの角度や手の置き場所など、科学的に考えられたデザインで心地よい」と満足げだった。

 開館は午前10時~午後6時。観覧料は一般1千円、大学生800円、高校生以下無料。問い合わせは同美術館(018・836・7860)へ。