[PR]

  二章 タクラマカン

                 一九三八年一月

 

  その一 大地が燃えている

 

 汽笛が夜を劈(つんざ)いた。

 上海北駅を出発した臨時便9600型蒸気機関車が、ガタゴト揺れながら、西へ西へと進みだした。つめたい鋼鉄のカタマリが悪魔の吐息のような黒煙をたえまなく吐いている。

 火夫台の椅子に、煙に染まって真っ黒な顔をした男が腰掛け、石炭をくべていた。

 夜が濃くなる。機関車はボーッと咆哮(ほうこう)を上げ、間久部緑郎たちを目的の地に運び始めた……。

 

写真・図版

 

「少佐、この臨時便には貨物と人間が半々乗っています。主な貨物は武器と食糧。人間は兵隊……の他、日本軍に協力する中国人も数名。外国人には便民票(搭乗許可証)を携帯させます。これを所持していない外国人は、列車から生きて降ろしません」

 鉄と油と埃(ほこり)の臭いが充満する、列車内。四角い個室の並ぶ乗客室の廊下に、緑郎たちがいた。鉄道省の役人が緑郎に説明すると、便民票を三枚渡す。緑郎が「うむ」とうなずき、マリアとルイに、それから芳子にも、乱暴な手つきで手渡した。

「明け方には南京に到着します。ところで少佐、任務のためとはいえ、今のお姿は中国人と見えます。兵隊を刺激しないよう、個室にいるようお願いしたく」

「了解だ。ご苦労」

 と緑郎は役人をねぎらった。それから扉を開け、ずかずかと個室に入った。

 二人がけの座席が対面にしつらえてあり、正面に窓があった。ぞくっとするほど空気が冷えていた。役人が火鉢を運んできて床に置いた。焼網、麻布に包んだ黒パンを「夜食であります」と差し出す。

 扉が閉まると、芳子が真っ先に、窓際の壁から伸びている簡易机に腰掛けた。「おいらの特等席だよ」とふざけ、手にした便民票を振ってみせる。

 緑郎が「オイ降りたまえ。机が壊れる……」と注意しかけたとき、芳子の背後の窓に、お化けのような真っ黒な顔が映った。ルイが「きゃっ」と叫び、正人がとっさにルイをかばう。

 ガタンと音を立てて窓が開き、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら