[PR]

 「障がい者がいる職場」をテーマにしたコントが、Eテレの「バリバラ」(木曜夜8時)で、16と23日の2回に分けて放送される。

 昨年発覚した中央省庁での障がい者雇用の水増し問題を受けて、今回の企画が立ち上がった。萩島昌平チーフ・プロデューサーは、「笑いを通して、障がい者を迎え入れる側のバリアーについて、考えてもらえたら」と語る。

 障がい者雇用を進めようともがく「バリバラ商事」を舞台にしたショートコント8本を放送する。視覚障害やダウン症など様々な障害の人が職場にやってきて、障害にあまり理解のない周囲の人らと、ドタバタ劇を繰り広げる。

 アイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかが、本人役で出演する。1年前に事故にあって車いすユーザーになり、街中の段差に苦労した実話がコントに採り入れられている。「『こういうことに困っているんだ』と知ってもらって、障害のある人とない人の間の壁を、薄くするきっかけになれば」と話す。

 関西ジャニーズジュニア内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎は、障がい者を助ける「サポートマン」という役柄で出演する。戦隊ヒーロー風の真っ赤な衣装を着て、キレのある決めポーズを披露する。鏡の前でポーズの練習を重ねたといい、「自分の持てる力を出し切れた。100点です」と笑顔をみせた。(杢田光)