[PR]

 衆院選11回当選の石破茂衆院議員(62)が、平成最初に迎えた選挙は、再選を目指す平成2年2月の衆院選だった。その結果を伝える19日付朝日新聞鳥取版に「ジンクスを吹きとばす 石破さん喜び爆発」とある。

 前年の平成元年4月に導入された3%の消費税や、リクルート事件に端を発した政治不信で、政権与党・自民党には逆風が吹いていた。「初当選するのは容易ではない。が、二度目の当選はもっと難しい」といわれるジンクスをはねとばし、石破氏がトップ当選した、との記事だ。

 石破氏に当時の勝因を問うと「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら