[PR]

 北朝鮮は4日午前9時6分から27分ごろにかけて、咸鏡南道の東海岸、虎島半島付近から、飛翔(ひしょう)体数発を日本海に向けて発射した。飛翔体は日本海上の約70~200キロ先まで到達した。韓国軍合同参謀本部が発表した。米韓当局が詳細を分析している。

 合同参謀本部は当初、短距離ミサイルが発射されたと発表したが、分析が必要として飛翔体と修正した。「現在韓国軍は追加発射に備えて監視と警戒を強化している。韓米間で緊密に協力し、万全の態勢を維持している」としている。

 北朝鮮は4月17日、国防科学院が短距離射程の巡航ミサイルとみられる新型戦術誘導兵器を試射し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察した。短距離ミサイルは現在の国連安全保障理事会の制裁対象には含まれていない。(ソウル=武田肇)

     ◇

 米メディアによると、北朝鮮が飛翔体を日本海に向けて発射したことについて、トランプ米大統領はボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)から説明を受けた。米ホワイトハウスのサンダース報道官は3日夜、「我々は北朝鮮の行動を承知している。我々は必要に応じて(事態を)注視し続ける」という声明を発表した。(ワシントン=園田耕司)