[PR]

 天皇陛下の即位を祝う一般参賀が4日行われ、下田市の須崎御用邸などで記帳の受け付けが始まったのに合わせ、静岡市葵区の静岡県庁本館2階のロビーでも記帳所が設けられた。

 午前9時に受け付けが始まると、記帳をする人が次々と訪れ、新天皇即位へのお祝いと、退位された上皇さまへの感謝の気持ちを込めながら、丁寧に住所や名前を書き込んでいた。

 同市駿河区から訪れた河原崎憲作さん(83)は「上皇さまとは年齢が近く親しみがあった。今後もどうか健やかにお過ごしくださいとお伝えしたい」と話していた。

 記帳所は5日午後4時まで設置され、県は7日以降、記帳を宮内庁へ届ける予定という。(松田果穂)