【動画】東京都府中市では、大粒のひょうが降り、ビニールハウスを打ちつけた=金山隆之介撮影
[PR]

 強い寒気が上空に流れ込んだ影響で、関東甲信地方では4日昼ごろから大気の状態が不安定となり、局地的にひょうが降るなど荒れた天気となった。

 午後2時50分ごろには東京都府中市内で、最大で直径3~4センチのひょうが降りそそいだ。ビニールハウスや、車のボンネットに打ちつけられ、バンバンという音が響いた。15分ほど経って徐々に激しい雨に変わった。周辺住民が様子を心配そうに見つめていた。

 気象庁によると、ひょうは上空5千メートル付近に零下21~23度の寒気が流れ込んだ影響とみられるという。