[PR]

 中東のパレスチナ自治区のガザ地区からイスラエル国内に向けて、4、5両日に約600発のロケット弾や迫撃砲が発射された。イスラエル軍はガザ地区の武装組織の拠点など約250カ所への空爆で応戦し、両者の対立が激化している。

 イスラエル軍によると、ロケット弾の一部がイスラエルの民家に直撃するなどして3人が死亡、8人が負傷した。ロケット弾によりイスラエル人の死者が出るのは2014年の戦闘時以来。また、ガザ保健省によると、ガザ地区では幼児と妊婦を含む11人が死亡、105人が負傷した。

 ロケット弾は、ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスや武装組織「イスラム聖戦」が発射したとみられる。「イスラム聖戦」は4日、ロケット弾を発射する動画を公開し、3日に、イスラエル軍がガザ地区を空爆したことへの報復だと主張した。

 イスラエル軍の空爆では、トル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら