[PR]

 プロバスケットボールB2の信州ブレイブウォリアーズが、悲願のリーグ初優勝を決めた。5日、ホームのことぶきアリーナ千曲(長野県千曲市)でのプレーオフ決勝(2戦先勝方式)第2戦で群馬クレインサンダーズを84―77で下した。信州の地に誕生して8年。今季は組織的なプレーで躍進し、頂点へと駆け上がった。

 優勝に王手をかけて迎えた第2戦。序盤からルーキーの栗原ルイス、長野市出身の三ツ井利也両選手らのスリーポイントシュート(3P)で波に乗った。終盤に2点差まで迫られたが、この日31得点のウェイン・マーシャル選手らの活躍で振り切った。プレーオフ(PO)のMVPには石川海斗選手が選ばれた。勝久マイケルヘッドコーチは「選手たちは日々成長して、ここまで来られた」と感極まった。

 今季は、就任1年目の勝久コーチのもと、6人の新選手が加入。開幕から攻守の歯車がかみ合い、B2最高勝率の48勝12敗で中地区初優勝を決めた。初出場となったPOでも準決勝、決勝を4戦全勝で駆け上がった。ただ、チームは今季、B1ライセンスを取得できなかったため、来季もB2で戦う。

 チームはbjリーグで5季を戦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら