[PR]

 こどもの日の5日、熊本市中央区新町1丁目の熊本市子ども文化会館で、子どもたちによるジャンボこいのぼりづくりがあった。

 長さ5・5メートルのマゴイと4・5メートルのヒゴイに子どもたちが、描いた絵をうろこに見立てて貼り付けた。うろこは4月20日からこの日までの来館者によって約千枚が作られた。令和と書かれたものもあった。

 益城町から来た小学1年の児玉ノエルさん(6)は、ドラえもんやイチゴ、ブドウを描いて「楽しかった」と笑顔を見せた。

 ジャンボこいのぼりは23日まで同館1階のロビーに展示されている。(渡辺七海)