[PR]

 アマチュアダンサーたちの競技大会「DANCE(ダンス) FITNESS(フィットネス) YOKOHAMA(ヨコハマ)2019」(横浜市体育協会主催)が5日、横浜市西区のパシフィコ横浜であった。

 ダンスを通してスポーツ振興を図ろうと1989年に始まり、今年で31回目。県内を拠点に活動するサークルを中心に37団体870人が出演した。老若男女が持ち時間の5~7分の中で、ジャズダンスやヒップホップ、エアロビクスなど様々なダンスを披露した。

 横浜市旭区の「MIO(ミオ) DANCE(ダンス) SCHOOL(スクール)」に通う同市の中学1年谷葵衣(あおい)さん(12)は、小中学生21人のチームで参加。「年に数回ある中で一番大きな発表会。週1の全体練習とは別に、毎日1度は通しで練習してきた。ステージが広くて緊張したけれど、気持ちよく踊れました」と笑顔で話した。(吉野慶祐)