[PR]

 世界132カ国の政府が参加する「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)は6日、「すでに動植物約100万種が絶滅の危機にある」などと警告する、政策立案者向けの報告書の要約を公表した。自然の保全と再生、持続的利用のために、経済や社会、政治、テクノロジーなどの点で「根本的な変化」の必要性を訴えている。

 報告書は、日本を含む51カ国の専門家145人が約3年かけてまとめた。公表された要約はフランス・パリで開かれたIPBESの総会で承認された。

 報告書は、1970年以降、人…

この記事は有料会員記事です。残り575文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。