[PR]

 茨城県高萩市教育委員会は5日、市立中学校に通う生徒が自殺したと明らかにした。生徒が書き残した文書には学校生活に関する記述があったといい、市教委は自殺の一因になった可能性があるとみている。中学校は同日夕に臨時の保護者説明会を開催。6日に教育長らが記者会見し、調査の内容を説明する。

 市教委によると、この生徒は4月30日、自分の部屋で死亡している状態で家族に発見された。市教委は「いじめが原因になった可能性は低い」としている。学年や性別については「遺族の意向の確認がとれていない」として明らかにしていない。