[PR]

 北朝鮮が4日に日本海へ飛翔(ひしょう)体を発射した問題で、中国の汪洋(ワンヤン)・全国政治協商会議主席は5日、北京訪問中の超党派の日中友好議員連盟(会長=林芳正前文部科学相)議員団との会談で「中国も確認を急いでいる」と説明した。「政治対話を通じて問題解決を図ることが重要だ」とも述べ、従来の立場が変わらない点を強調した。会談後、林氏が報道陣に明らかにした。

 議員団は同日、北朝鮮の核問題に関する6者協議代表で次期駐日大使に内定している孔鉉佑・外務次官とも会談。孔氏は朝鮮半島情勢について「米朝対話の流れを引き続き支持していくことが重要であり、信頼醸成をさらに深める必要がある」と語ったという。(北京=冨名腰隆)