[PR]

 春季近畿地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の準々決勝2試合が6日、橿原市の佐藤薬品スタジアムであった。智弁学園と高田がともにコールド勝ちで4強入りを決めた。両校は今夏の第101回全国高校野球選手権奈良大会のシード権を手にした。

 智弁学園は一条と対戦した。2本塁打を含む14安打の猛攻で一条を圧倒し、14―0で五回コールドの快勝。1番打者の塚本はサイクル安打を記録した。

 畝傍と対戦した高田は二回、向井や大西、冨島の適時打で4点を挙げ、試合の主導権を握った。終盤にも着実に加点し、9―2で七回コールド勝ちした。

 準決勝は11日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで予定されている。

畝傍・高橋颯太郎君

 「積極的に走ろう」。五回表1死一、二塁。畝傍の主将、高橋颯太郎君(3年)は一塁上で心に決めていた。

 畝傍は一回に1点を先制するも、二回に高田に4点を奪われ逆転を許していた。この日までの3試合、先制点を守り、全てコールド勝ちを収めた畝傍にとって、苦しい展開だった。

 ダブルスチールを仕掛けたが、二塁走者の和田悠兵君(3年)が三塁で刺され、高橋君も盗塁できずに2死一塁に。「ここで引いたら意味が無い」と高橋君は腹をくくった。

 その後の2球目、勢いよく二塁をめがけて走り出した。高田の捕手が二塁へ投げた球は、遊撃手の頭を越え、盗塁成功。スタンドが沸いた。

 畝傍はその後も再三、得点圏まで走者を進めたが、七回にやっと1点を返すにとどまった。その裏に2点を追加され、コールド負けを喫した。

 試合後、「みんなで点を取ってピッチャーを助けてあげたかった」と悔やんだ高橋君。この日先発したエース浜田将人君(3年)は二回に猛攻を受けた後、要所を締めて六回まで踏ん張っていた。

 高橋君は「みんなが自分から攻める雰囲気をつくりたい」。春の戦いを終えて、夏への意気込みを語った。(佐藤栞)

こんなニュースも