[PR]

 ノリ網たちの現役生活はわずか数年。縮んでしまい、ノリを育てるのに使えなくなるのだ。このまま引退はもったいない。どこか新たに活躍できる場所はないものか。

 有明海で秋から春にかけて、たくさんのノリを育ててきた網たちは今、きれいに洗われて陸上生活を送っている。次のシーズンまでの休息だ。

 我が師匠で佐賀市のノリ漁師、川崎賢朗さん(58)のところは毎年2600枚強のノリ網を使う。1枚は幅1・5メートル、長さ18メートル。特におろしたての1、2年目が最も縮み、4、5年もすれば引退に追い込まれる。

 なぜ引退かというと、ノリがで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら