復活のタイガー・ウッズに最高勲章 トランプ氏も称賛

有料記事

ワシントン=土佐茂生
【動画】大統領自由勲章を授与されるタイガー・ウッズ
[PR]

 ゴルフ界のスーパースターで、11年ぶりにメジャー大会で優勝したタイガー・ウッズ氏(43)が6日、トランプ米大統領から、米国の民間人に対する最高勲章の大統領自由勲章を授与された。トランプ氏は「タイガーが頂点に戻ってきた」とたたえた。

 ウッズ氏は先月、ジョージア州オーガスタであったマスターズ・トーナメントを14年ぶりに制した。メジャー大会の優勝としても、11年ぶり15度目だった。2009年の不倫騒動や、腰痛に悩まされ、一時、世界ランクで1199位まで低迷していた。

 トランプ氏はこの日、ホワイトハウスでの式典で、ウッズ氏の「勝利への飽くなき執念」を「限界に挑み、成功に向けて懸命に努力する米国民の精神を体現している」と称賛した。ウッズ氏は、自身の子や母親を前に「良いときも悪いときも見守ってくれた。あなたたちの全ての助けがなければ、私はここにいない」と涙ながらに語った。

 ホワイトハウスによると、大統領自由勲章は、米国の安全や国益、世界の平和、文化活動、その他の公的・個人の業績に対し、特別な称賛に値する努力や貢献を行った民間人に贈られる最高の勲章。ゴルフ選手としては、アーノルド・パーマー氏やジャック・ニクラス氏、黒人選手として初めて米ツアーに挑んだチャーリー・シフォード氏に次ぐ4人目の受章となる。

 トランプ氏とウッズ氏は古く…

この記事は有料記事です。残り116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント