[PR]

 昨年7月の西日本豪雨で約5500棟が全半壊した岡山県倉敷市真備(まび)町地区は、1893(明治26)年にも大洪水に見舞われた。二つの水害の痕跡が土壁に残る蔵が地区内にあり、地元の住民らが後世に伝えようと保存に乗り出した。

 蔵は木造2階建てで、真備町岡田地区の民家の敷地にある。1874(明治7)年に建てられたと伝わる。西日本豪雨で2階近くまで浸水した。

 1階の土壁に、水平に2本の白い線が残っている。

 同地区のまちづくり推進協議会の役員で、地元の郷土史に詳しい森脇敏さん(78)によると、床から約2・6メートルの高さにあるのは、西日本豪雨の泥水の跡。さらに約14センチ上には、1893年の洪水の跡とみられる線がある。

 「二つの災害の爪痕が同時に残っている壁。なんとしても保存しなければ」。豪雨で同地区の自宅が全壊した森脇さんは、壁の保存に向けた支援を周囲に呼びかけてきた。

 3月末、地元住民のボランティ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら