[PR]

 改元を挟んだ10連休が明け、都心では7日、通常の通勤風景が戻ってきた。各省庁は令和になって最初の通常勤務となった。

 JR東京駅前には7日午前7時過ぎ、慌ただしく行き交う通勤客の姿が戻った。金融機関勤務の社会人2年目の男性(25)は、友達とタイを旅行したり、資格の勉強をしたりして、充実した休暇を過ごしたという。普段から残業のしすぎに注意するよう言われており、「上司から連休はしっかり休むよう言われました」と明かす。

 さいたま市内の会社員男性(59)は、同僚とゴルフをしたり、妻と神社巡りをしたり。「夏休みや正月よりも長く休めてリフレッシュできた」。いつもより早い電車に乗り、頭のスイッチを切り替えたという。

 連休明けに、足取りが重い人も。夫と九州を観光したという生命保険会社に勤める女性(53)は「連休中はずっと楽な格好で過ごしたので、ストッキングをはいて通勤するのが憂鬱(ゆううつ)。仕事もたまっていると思う」。

 連休中、観光客でにぎわった東京・渋谷駅周辺。乗り換えの電車を待っていた静岡県三島市の会社員、名取修さん(50)は「ああ、はじまっちゃったって感じ」。連休中は親戚と栃木県日光市に遊びに行った。「毎年10連休があればいいのに」。

 渋谷センター街のラーメン店員の尾山哲也さん(36)は「10連休はきつかった」。普段の1・5倍ほどの混み具合が毎日続いた。元号が令和に変わった1日午前5時ごろには、近くで飲んでいた若者がなだれ込んできたという。普段は4日働いたら1日休むペースだが、連休中は半日休のみで、「店的にはうれしいけど、僕は疲れた」。

 駅前で友人と待ち合わせをしていた中野区の高校2年の男子生徒(16)は「GWは長かったけど、その分宿題が多かったからいいのか悪いのか……」。連日部活と勉強の日々。学校が始まるが、「テストが近いし、あんまりうれしくない」。(酒本友紀子、河崎優子)

各省庁も始動

 菅義偉官房長官は閣議後会見で、各府省庁の和暦を使う情報システムの改修について、「昨日(6日)時点で国民生活に影響が生じる事態の報告は受けていない」と述べた。改修は原則として改元日当日か、大型連休が明ける7日までに終えることとなっていた。

 また、民間のシステム改修についても「重大な事態が生じた場合は、関係省庁を通じて報告される。連絡体制を徹底させ、情報システムの万全を期していきたい」と述べた。

 山本順三国家公安委員長は閣議後の記者会見で、連休中の式典や14万人超が訪れた皇居での一般参賀にふれて、「時代の変わり目に立ち会えたと厳粛に受け止めている。皇室の存在感をあらためて認識した」と話した。また、所管する防災面やテロ対策について「新しい令和の時代を迎え、守るべきところは守り、変えるべきところは大胆に変えていく。そんな覚悟をもっていきたい」と語った。

 今月11、12日には6月に大阪市である主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の最初の関係閣僚会合として、農業大臣会合が新潟県で開かれる。議長となる吉川貴盛農林水産相は「トップバッターとして、G20サミットや他の関係閣僚会合によいバトンタッチができるよう、また令和の新時代に弾みをつけられるように万全の体制で臨みたい」と力を込めた。

 石井啓一国土交通相は閣議後会見で、「新しい時代を迎えて国民の安心安全の確保など、本来の業務をよりしっかりと行っていきたいと決意を新たにした」と述べた。

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けた準備を本格化させている東京都。連休中もアーチェリー会場の完成披露式典などに出席した小池百合子知事は7日午前に登庁すると、「(令和は)明るい節目になると思う。新しい東京づくりのため、いい節目にしていきたい」と語った。