陛下を「外」に連れ出した学友 小料理屋おかみびっくり

有料会員記事令和

斎藤智子

 天皇陛下が即位してから7日で1週間。宮内庁の西村泰彦次長は会見で「ご退位とご即位の儀式が滞りなく終了して大変よかった。新しい御代(みよ)の行事を一つ一つ着実にやっていきたい」と述べた。

 陛下はこの日、東京・元赤坂のお住まいから皇居に移動し、宮殿・菊の間で、内閣からの書類を決裁する「執務」を行った。その後、皇后さまとともに、即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)の期日を報告する祭祀(さいし)「奉告の儀」を行う宮中三殿を視察した。

     ◇

 天皇陛下と学習院の幼稚園から中等科まで一緒だった元ホテルオークラ東京総支配人室室長の立花眞さん(59)には、陛下との忘れられない思い出がある。

 30代のとき、母を亡くした。その翌年、ホテルオークラ東京で国賓として来日したアイルランド大統領のパーティーがあり、当時の天皇(現上皇さま)や皇族方が参列した。

 帰り際、厳重な警護の中で歩く皇族方の列を見守っていたところ、当時皇太子だった陛下がすっと列を離れて歩み寄ってきた。そして、「遅くなりましたが、お母様のことお悔やみ申し上げます。お力を落とされませぬように」と小声でささやいた。

 「予期せぬことで胸にジーンと熱いモノがこみあげました」

 陛下とは初等科の6年間は同…

この記事は有料会員記事です。残り554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。