[PR]

 社民党の又市征治党首(74)は7日の記者会見で、肺がんのため13日から入院し、14日に手術を受けることを明らかにした。約1カ月の休養を取る予定。又市氏は「早期の発見だったと思う。私自身はそんなに深刻に考えていない。できるだけ早く復帰し、党務をこなしたい」と述べた。

 又市氏は「4月末の検診で肺がんが見つかった。早期に切除した方がいいということだった」と説明。2015年にも胃がんの手術を受けているが、医師は胃がんの転移とはみていないという。参院比例区選出の又市氏は今夏の参院選で改選を迎えるが、態度表明はしていない。