[PR]

 福島県須賀川市は7日、市中心部の松明(たいまつ)通りに設置されたウルトラマンにちなんだ怪獣「エレキング」のモニュメントが壊され、須賀川署に被害届を出したと発表した。2本の角が折れていた。エレキングは4年前にも尻尾部分を壊され、これが2度目の被害という。

 同市によると、2日午前9時ごろ、地元商店主から「エレキングの角が破損している」と市に連絡があった。強化プラスチック製のエレキングは高さ約2・2メートルで、長さ約20センチの角2本とも折れて亀裂が入っていたという。市では「傷の形状から何者かが角を持ってぶら下がったのではないか」とみている。折れた部分は現在、テープで補強し、今後早急に修繕する。市内には、エレキングのほかウルトラマンやウルトラセブン、怪獣ゴモラなどのモニュメントがあるが、他に被害はないという。

 モニュメントは、ウルトラマン…

この記事は有料会員記事です。残り200文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。