無所属議員2人、社保入り 「野党再結集」を視野に

有料会員記事

山岸一生、寺本大蔵
[PR]

 無所属の野田佳彦前首相が代表を務める衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)は7日、国会内で会合を開き、ともに旧民進系無所属で衆院議員の松原仁・元拉致問題担当相(当選7回)と柿沢未途氏(当選4回)の入会を決めた。

 両氏の入会により同会派は6人から8人になった。

 松原氏は消費税増税には反対の立場で、増税派とされる野田氏とは消費税についての考え方は異なる。ただ、自民党や野党内で衆参同日選の可能性が取り沙汰されるようになったことから、野党の再結集を進めることが最優先と判断したという。

 野田氏は、岡田克也元外相が…

この記事は有料会員記事です。残り325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら