[PR]

修道中学校・高校(上)

ライブ感

 広島にある修道中学校・修道高校は江戸時代に藩校としてスタートし、290年以上の歴史を持っている中高一貫の男子校だ。多くの生徒が難関大学や医学部へ進学する県内有数の進学校でもある。

 修道では、部活動を「班活動」と呼ぶ。吹奏楽部はスクールバンド班、通称「スクバン」だ。スクバンでは、中学1年から高校3年までの約100人が一緒に活動している。顧問にあたる「参与」は東京芸術大学でチューバを専攻した大咲司朗が務め、全日本吹奏楽コンクール全国大会に過去4回出場している。

 6学年合同の班活動とはいえ、進学校ゆえに高校3年生には「早期引退」制度があり、班活動の中心となるのは高校2年生だ。

     ♪

 2019年度の班長に立候補して選ばれたのは、トロンボーン担当の高校2年生「ガク」こと中村岳だ。

 「僕はスクバンに高校生活を賭けるぞ! 班長になって、もっといい班活動ができるように頑張ろう!」

 そんな気概を持ってリーダーと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも