宗教に近付けば、政治は狂信的に…イスラム学識者が警告

有料記事

聞き手・野上英文
[PR]

ジャムハリ・マクルフ氏

インドネシア国立イスラム大学大学院研究科長・教授

 ――4月のインドネシア大統領選をどうみますか。

 「政治がイスラム教の影響から抜けられなくなった。現職のジョコ氏は副大統領候補にイスラム指導者を選び、対するプラボウォ候補はイスラム国家を目指す急進派の組織や地域から支持を得た。どちらも、政治に関わろうとするイスラム勢力の野心を受け入れた。結果はどうあれ、誰もが政治とイスラムの関係を語るようになりつつある」

 ――政治がイスラム教に近づくのはなぜでしょう。トルコなどでも同じ傾向がありますね。

 「政治や社会、経済がその国…

この記事は有料記事です。残り810文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!