[PR]

 1~7日の憲法週間に合わせ、岡山市と同市教委は7日、岡山市北区駅元町の岡山コンベンションセンターで「市民のつどい」を開いた。講演と映画上映の2部構成で、講演した大学准教授は「大切なのは、差別の現実を知ること」と訴えた。

 約600人が参加。講演のテーマは「障害者差別解消と合理的配慮」で、岡山理科大の川島聡准教授(国際人権法・障害法)が約1時間話した。

 障害を理由に差別することを禁じる「障害者差別解消法」は、2016年に施行された。同法は①不当な差別的取り扱いを禁止し、②合理的配慮の提供を役所や民間事業者に求めている。

 「不当な差別的取り扱い」とは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら