[PR]

 英王室のハリー王子(34)の妻メーガン妃(37)が6日早朝、第1子となる男の子を出産した。夫妻の意向により、出産場所は明かされず、メディアに対する撮影機会も設けられなかった。出産の発表をインスタグラムを通じて行うなど、ロイヤルベビーの誕生は異例づくしだ。

 男児は体重が7ポンド3オンス(約3260グラム)。王位継承順位はハリー王子に次ぐ7位で、エリザベス女王にとっては8人目のひ孫だ。

 夫妻は出産場所を明かしていないが、ハリー王子の母の故ダイアナ元妃や、兄ウィリアム王子の妻キャサリン妃が出産したセント・メアリー病院は選ばなかった模様だ。

 また、出産の数時間後に夫妻がそろって赤ちゃんを披露する恒例の機会も設けなかった。米国出身の元俳優のメーガン妃は、母親がアフリカ系。結婚式では、黒人聖歌隊が「スタンド・バイ・ミー」を歌うなど、王室の伝統にとらわれない内容が話題を呼んだ。(ロンドン=下司佳代子)