[PR]

難民申請者の歯を治療する歯科医師 永坂哲さん(68)

 診た患者は222人、抜歯は198回――。歯科医師の永坂哲さん(68)はチームを率い、各国からの難民申請者の歯の治療を続ける。もとは国際派の銀行員。30代で歯学部に入りなおした。知人のある一言が、永坂さんを突き動かした。

 日本ではなかなか見かけない、ぐらぐらで手で引っこ抜いてしまえる歯。この10年、何度もそんな歯に出あった。「母国でケアできなかったのでしょう」

 横浜市の鶴見大学で難民申請者の歯科治療チームを率いる。チームで38カ国・地域の222人の患者を診て、198回抜歯した。

 和歌山県出身で、もとは国際派…

この記事は有料会員記事です。残り427文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り427文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り427文字有料会員になると続きをお読みいただけます。