[PR]

 京都府長岡京市は7日、腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染し、入院していた市立滝ノ町保育所(同市滝ノ町2丁目)に通う5歳の女児が死亡したと発表した。保育所ではほかに4、5歳の男女4人の感染が確認されているが、いずれも快方に向かっているという。

 市子育て支援課によると、死亡した女児は下痢などの症状で4月15日に病院を受診。18日に感染が確認されて入院していたが、30日に亡くなった。感染経路は不明で、同居家族への感染は確認されていないという。保育所は24日から休所し、5月7日に再開した。