米国務長官、イラク電撃訪問 イランによる「脅威」協議

有料会員記事

ワシントン=渡辺丘
[PR]

 ポンペオ米国務長官は7日、事前の予告なしにイラクの首都バグダッドを訪問した。イラクのアブドルマハディ首相らと会談し、隣国イランによる「増大する脅威」を伝え、対応を協議したことを明らかにした。イランを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 欧州を歴訪していたポンペオ氏は7日、ドイツを訪問予定だったが、「緊急の用件」のために急きょ中止した。イラク首相らとの会談後、「イラク国内の米国人を保護する重要性を話し合った」と語った。

 イラクには米軍約5千人が駐…

この記事は有料会員記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。