[PR]

 お茶の水女子大学付属中(東京都文京区)で秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまの机に刃物2本が置かれた事件で、建造物侵入容疑で逮捕された住所、職業不詳の長谷川薫容疑者(56)が「刺すつもりだった」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。実際には刃物を置いただけで、「殿下に自分が来たことを知ってほしかった」とも述べているという。

 捜査関係者によると、長谷川容疑者は容疑を認め、「今の天皇制では日本は良くならない」などと天皇制を批判する供述を続けている。一方で、悠仁さまが通う中学校を狙った理由については話していないという。思想団体への所属や活動歴は確認されておらず、警視庁は供述内容や動機について慎重に調べている。

 長谷川容疑者の逮捕容疑は、4月26日午前11時ごろ、お茶の水女子大の敷地内にある中学校舎に侵入したというもの。当時、悠仁さまの学級は体育の授業中で、アルミ製の棒の先に粘着テープで固定した果物ナイフ2本を悠仁さまの机に置いて立ち去ったとみられている。警視庁は、長谷川容疑者が事前に体育の時間帯を把握していたわけではなく、教室が無人だったのは偶然だったとみている。