[PR]

 大企業の35・7%が今年度、新入社員の初任給を前年度より引き上げた。民間調査機関の労務行政研究所が8日発表した。前年度は39・7%だった。

 東証1部に上場している2090社を対象に調べ、うち241社から回答を得た。大卒初任給(残業代と通勤手当は除く)の平均額は21万2304円。前年度よりも1479円(0・7%)高くなった。引き上げた企業の割合は製造業で46・9%、非製造業で22・5%だった。