[PR]

 愛知県瀬戸市は8日、家畜伝染病「豚(とん)コレラ」で被害を受けた養豚農家の経営再建や「瀬戸豚」のブランドを再構築するため、市独自の支援策を盛り込んだ一般会計補正予算案を発表した。14、15日に開かれる臨時市議会に提出する。

 市によると、3、4月に3農場で豚コレラの感染が確認され、計約1万1千頭が殺処分された。

 予算案では、豚コレラの発生農家や移動制限などの区域に該当する農家の経営再開や維持に必要な経費の一部、金融機関からの資金借り入れ時の利子の一部をそれぞれ補助するため、400万円を計上した。ブランド豚復活の広報活動費などとして300万円も盛り込んだ。

■犬山で県内1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら