写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

経世彩民 大月規義の目

 福井市に住む大学4年生、中武真穂さん(21)は10連休を前に気が重かった。法事のため、兵庫県の実家に帰省する。そこで、父方の祖母と顔を合わせなければならない。

 「また、おんなじことを聞かれ、おんなじことを言わなくちゃいけないのかあ」

経済という言葉の語源「経世済民」には「世をおさめ、民をすくう」という意味があります。新コラム「経世彩民」では、記者が日々の取材を経て思うこと、伝えたいことを色とりどりの視点でつづっていきます。原則、毎週火曜朝に配信します。

 中武さんは福井工業大学で原子力工学を専攻している。受験のときから祖母は猛反対だった。「女の子なんだから大学にいかんでいいし、まして原子力なんて」。両親にもあたった。「親の育て方が悪いからやないか」

 この正月に中武さんが帰省したときも、「(原発は)危なくないの?」と聞かれた。母方の祖母からも「エネルギーなら火力でいいんじゃないの」と言われた。孫を哀れみ、かつては涙ぐまれることもあった。

「科学的じゃないので説明できない」

 いつも同じ質問に、中武さんの口調は強くなる。

 「どういう視点から危ないというの? 確率? 安心か安心じゃないかというのは科学じゃないので、私には説明できません」。そして険悪な空気のまま、福井に戻る。

 進学のきっかけは兵庫県立太子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら