[PR]

 「店舗の看板を赤から黄に変えたら、店の売り上げが3割増えた」。ギョーザチェーン、大阪王将を展開しているイートアンドの仲田浩康社長は、そう話す。

 「黄色い王将」への改装は昨年末から進めており、現在は全346店のうち7店。改装の費用以上の効果が出ている、という。イートアンドが8日発表した2019年3月期の売上高は前年より3・5%多い291億円だった。

 黄色にすると、なぜ好調なのか。「非常に目立つのかなと思う。前からある店なのに『いつオープンしたの?』という声も聞く。今後も続けていきたい」と話す。