[PR]

ひと 新しい駐日韓国大使になる 南官杓さん(62)

 日韓関係が過去最悪とまで言われるなか、新しい駐日韓国大使になる南官杓(ナム・グァンピョ)さん(62)。誠実で穏やかな人柄の外務官僚だ。日韓関係の立て直しへ、その手腕が問われる。

 戦時中の慰安婦や徴用工などをめぐる問題が続き、日韓関係が「国交正常化以来で最悪」と言われるなか、文在寅(ムンジェイン)政権で2人目の駐日大使になる。8日にソウルで開いた会見では、「関係改善への期待を託され、重苦しさも感じる」と素直な心情を吐露した。

 文氏が最重視する南北政策の立案を最近まで大統領府で担当した。外務官僚の中でも、日本語を専門的に学んだ「ジャパンスクール」ではないが、「文氏の考えを最もよく知る」(韓国政府関係者)側近の一人とされる。

 1992~95年に初めて東京の韓国大使館で勤めた。「庶民の暮らしを知りたい」と、中野区の下町を自宅に選んだ。中学生だった息子が帰国時に全校生徒から激励の寄せ書きを受け取ったことは、今も家族の大切な思い出だ。

 市民同士の交流が拡大する一方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら