[PR]

 パキスタンで国教のイスラム教を侮辱したとする冒瀆(ぼうとく)罪で一審で死刑判決を受け、8年収監された末に最高裁で無罪を言い渡された少数派のキリスト教徒の女性が、8日までに出国し、カナダに亡命した。支援団体が明らかにした。

 亡命したアシア・ビビさんは昨年10月に無罪判決を受けて釈放された後も、急進的なイスラム教徒による殺害予告や不服申し立てで出国できずにいた。カナダには夫とともに到着。既に亡命している娘たちと再会する予定だという。

 アシアさんは2009年、イスラム教徒の隣人に対して預言者を侮辱する発言をしたとして逮捕され、死刑判決を受けた。ただ、隣人の証言はあいまいで、少数派をおとしめるためのでっち上げだった可能性があるとして無罪になった。

 冒瀆罪は死刑が適用される重罪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら